面倒くさがり屋の人の長所を、仕事に活かす方法

業務効率化

面倒くさがりというと、ネガティブなイメージの言葉に感じることが多いのではないでしょうか?

ちなみに英語だと何と言うか調べてみても、troublesome(問題起こす)とか、lazy(怠け者)のような意味の言葉が出てきます。

ナマケモノ
これはナマケモノですね

私も、どちらかというと面倒くさがりな方です。

でも最近、面倒くさがりの人の良さを知りました。

面倒くさがりの人は、もっと楽にしたい、もっと良くしたいの理想像や、改善策を無意識に考えている人のようです。

これを聞いた時、自分にも確かに思い当たることがいくつかありました。

例えば新しい仕事を始める時、、、

最初は教えてもらった通りにやります。でもやりながら常に、このやり方より早く終わる方法あるんじゃないか?と頭の中で常に考えています。で、他にもっと効率的なやり方あったら、悔しい感覚です。

また、プライベートで飲食店に行った際、お店の人の手際が悪く、なかなかスムーズに提供されないなと思うことがありました。そんな時、、、

モーニングで、朝食セットもあるのに、ほとんどの人が朝食セット以外のものを頼んでいる。セットを設けるのは効率よく提供するためなのに、意味をなしてない。いっそ朝のメニューは絞った方がスムーズに進むし、お客さん待たせないで済むのでは?

・・・などとお店の仕組みについていろいろ考えてしまいます。

面倒くさがりは、同じことをやるのであれば、いかに楽に出来るかを考えている人ではないでしょうか?

面倒くさがりの人の長所は、仕事での業務改善に活かすことが出来るのはないかと感じます。例えばこのような感じです。

例① 雑多な書類整理

あー、書類整理が面倒くさい 

この書類ホントにファイリング必要なの?

電子データで社内サーバーに保管しておけば十分では?

電子データに変更。社内工数とペーパーレスに貢献

例② 過去の遺物的な業務

この業務って、引き継いでずっとやってるけどホントに必要なの?

社内に確認。実は、誰も必要としていない形骸化した業務と判明

前任者はなんとなくやっていたが、すでに意味のない業務だった

業務の廃止。業務工数を削減する

例③ 段取り悪い会議

いつもこの会議、時間オーバーするし、明らかに段取り不足

会議後の業務にも支障きたすし、残業したくないから、どうにかしたい

事前の打ち合わせ目的の設定と、資料共有、ファシリテーターを設置

時間内に終わる仕組みを構築。


もちろん、社内がこの提案をオープンに聞き入れる環境がなければ、難しいでしょう。

せっかく提案しても、聞き入れてもらえないことが続けば、もういいかと声を上げることを諦めてしまうかもしれません。

もし、社内の業務を改善していきたいという考えがあれば、面倒くさがり屋だと思っていた人が、実は本領を発揮してくれるかもしれません。

早く、楽に終わらせたいというのは、悪いように聞こえますが、実は良い面として捉えられるという話でした。

コメント