海外の代理店が代理店証明書を発行依頼してくる理由

輸出ビジネス

代理店証明書は、英語ではCertificate of distributorshipといいます。

海外の代理店と契約を締結し、取引を始めると、代理店から代理店証明書を発行してくれとお願いされることがあります。

これは、どういった理由からでしょうか?

代理店が証明書発行を依頼してくる理由

① 入札に参加する時に必要になる

何かしらのプロジェクトに入札をする場合、入札しようとする製品の正規の代理店であることを証明することを、エンドユーザーから要求される場合があります。

このような場合、代理店より証明書を発行してほしいと依頼されます。

② 正規の取扱い店であることをお客さんに証明したい

ホームページにいろんなメーカーのロゴをたくさん出している代理店(商社)があったりします。ただし必ずしも各メーカーと契約を結んでいるわけではありません。

メーカーの正規代理店のように装いながら、実際はメーカーではない他の会社から仕入れてきて販売している場合もあります。

このような場合、正規の代理店にとっては、自社が正規代理店であることを証明してもらうことはメリットがあります。直接仕入れており、サポート体制もきちんとしていることを証明することが出来るからです。

③ 代理店との関係構築

すべての会社がそうではないですが、会社のオーナーの性格などによっては、こういった証明書を喜んでくれることもあります。会社の壁に貼っておいたり、ホームページに掲示するなどして、権威性を証明するのに使いたいようです。

代理店証明書だけではなく、年間の売上目標を達成した際などにも達成証明書の形で渡したりすれば、代理店のモチベーションとなることもあります。


代理店証明書の書式(Certificate of distributorship template)は、ネットで検索すると出てきますので、それを参考に作ってみましょう。

基本的に発行することに問題は生じませんので、必要な場合、対応していくとよいと思います。

コメント