海外への輸出。取引先との決済条件をどのように設定するか?

輸出ビジネス

海外へ商品を輸出する時、海外の取引先に代金を支払ってもらう必要があります。

今回は、どのような方法で代金を支払ってもらうか、またどのような条件で設定すればいいか決済条件についてお話しします。

銀行間の現金振り込みが主流

貿易における支払いにおいては、下記の2つの方法がよく出てきます。

① 銀行での現金振り込み

相手国の輸入者が輸出者に対し、銀行からお金を振り込みます。国をまたぐので国際送金になります。
国をまたぐだけの違いで、国内間の銀行振込取引と同じです。

TT決済とよく言います。Telegraphic Transfer Remittance(電信送金)の略です。

② L/C(信用状)を利用した支払い

貿易独特の仕組みです。L/CはLetter of Creditの略になります。輸入者が、銀行(L/C発行銀行)に信用状を発行してもらいます。信用状の中には、購入にあたっての必要な条件が記載されています。

輸出者は信用状の内容に基づく船積書類・条件を準備することによって、輸入者側のL/C発行銀行から支払いを保証してもらえます。輸出者は条件を満たさないと、銀行から支払いをしてもらえないので、きちんとした対応をします。そのため、輸出者・輸入者双方にとって安心な決済方法になります。

他に為替手形決済などもありますが、現在主流なのは①の銀行での現金振り込みではないかと思います。

前払い?後払い?

銀行での支払いを選択した場合、お金を先に支払ってもらうか、後に支払ってもらうかの話になってきます。先か後かというのは、商品を出荷する前か後かという意味です。

輸出する側としては、先に全額支払ってくれるのが一番安全です。商品を出荷した後に支払いをしてもらえないのではないか?という不安がありますので。


反対に、輸入側としては、先に払ってちゃんと商品を出荷してもらえるのか、ちゃんと正しい商品を送ってもらえるのかという不安を持っています。

全額後払いにすれば、輸入側としては安心できます。正しい商品が到着したことを確認できますので、仮に間違っていた場合など支払いを止めることも出来ます。


ただし、この場合だと輸出側としては、ちゃんと支払ってもらえるのか心配がつきません。またお金を回収できる時期が遅くなり、キャッシュフローの問題も関わってきたりします。

折衷案として、半分前払い、半分後払いという支払い方も可能です。
この場合は、お互いフェアになります。ただし、国際送金の手数料は、国内送金より高くつきますので、1回で済むところが2回になり、輸入側の負担が少し増えます。

支払条件の決め方は難しいところですが、輸出を始めたばかりで、まだ相手との信頼関係が築けていない場合は、前払いしてもらい、ある程度信頼がたまってきたら、分割払いにしたり、後払いにするといった方法が取れると思います。

お互いの信頼の積み重ねが大事になります

なお下記は、支払い条件による表記方法例です。

  • 完全前払い           : T/T in Advance
  • 後払い(船積みから30日後支払い) : T/T 30days after shipment
  • 50%前払い、50%後払い(同上)  : 50% T/T in advance, 50% T/T 30days after shipment

信用調査の方法

なお、相手の会社のことをきちんと調べたい場合に取れる方法があります。

日本国内の商取引で、取引先の信用度を調査する場合は、帝国データバンクを使用することがメジャーかと思います。

海外取引先の場合にメジャーになってくるのは、ダンレポート(通称ダンレポ)です。

アメリカのダンアンドブラッドストリート(D&B)社が提供するサービスになります。
世界中の会社の信用調査をすることが可能です。

銀行や、下記の会社経由などで取得することが可能です。

費用は国によって異なりますし、また社歴が浅い会社の場合、十分な情報が得られなかったりすることもあります。会社の財務状況などを把握することが可能ですので、1つの判断材料として使えると思います。

ただし費用もかかりますので、取引金額が大きい場合や、相手の信用性に疑問がついた場合など、必要な場面のみで使うことになるかと思います。

代金回収までが取引。支払い遅れはきちんと督促しよう

お金を一部または全額後払いの条件で取引を行った場合、代金回収は確実にしましょう。

相手国・会社によっては平気で、支払い期日に振り込んでこないことがあります。相手が払ってこない理由はいろいろあるかと思いますが、約束はきちんと守ってもらいましょう。

下記のような形で、メールで督促します。

督促メールサンプル

Title: Invoice overdue

Dear xxxxxx,

This is to remind you that the following invoice is overdue.
We request your immediate payment. Please kindly advise when we can expect your payment.

Invoice Date(インボイス発行日):
Invoice No(インボイス番号):
Invoice Amount(インボイスの金額):

If you have already arranged a payment, please disregard this email.

Best regards,
Your name

なお、国際送金だと日本の銀行に着金するまでに数日かかる場合もあり、すでに相手が支払いをしていることもあります。そのような場合に備え、文面の最後に、その場合は、このメールは無視してくれと入れています。

すぐに支払ってくれたり、回数が頻回でない場合はまだよいでしょう。毎回支払いが遅れるなどの様子が見える場合は、前払いに切り替えるなど、強い態度で臨むことが必要になってくる場合も出てきます。

ちゃんと言わないと、相手もそれなりの対応になりますので、お金の支払いに関してはきちんとした姿勢で臨みましょう。

せっかく取引を始めたのに、お金をきちんと払ってもらえなければ、取引継続が出来なくなってきます。支払いに関しては、きちんとしておきたいところです。

コメント