輸入の荷物が、勝手にアンダーバリューで送られてきた場合に出来ること

海外ビジネスあれこれ

海外から何かを購入する時、アンダーバリューで送られてきたとき、どうすればいいでしょうか?

そもそもアンダーバリューとは?

アンダーバリューとは、本来の価格より低い価格のことです。

Under Value=低い価値ということです。

海外から輸入された荷物は、必ず税関に申告しなければいけません。
サンプルなど、無料のものであっても0円ではなく、必ず価格をつけて申告しなくてはいけません。

税関への輸入申告にあたり、インボイスが必要になりますが、通常この書類は、輸出先(相手)が出荷書類として作成し、輸出してきます。

この際のインボイスに記載する金額が、通常の価格より低いことをアンダーバリューとよく言います。消費税・関税は、インボイスに記載されている金額を元に計算されますので、低い金額で申告すれば税金を安くすることが出来ます。

ただし、これは違法行為になります。

どんな時に起こるか?

一番多いのは、サンプルなどを送ってもらうときだと思います。サンプルで、支払いが生じない場合でも、税関への申告は通常の購入金額で申告する必要があります。

輸出してくる相手が、税金少なくて済むだろうと思い、低い金額で入れてくることが多いです。

購入品であれば、購入金額をそのまま入れてきてくれることがほとんどです。ただまれに先方の間違いなどで低い金額でインボイスが作成されることもあります。

アンダーバリューを放置しているとどうなるか?

アンダーバリューのまま、輸入通関することは可能です。

ただし、これを放置し続けていると、税関の事後調査で指摘される可能性が高くなります。指摘された場合、税金の差額・過少申告加算税に加え、延滞税も支払わなければならなくなります。

税関への心証も悪くしますので、放置しておかない方がよいです。

予防するために出来ること

では、これを予防するためにどんなことが出来るでしょうか?

相手から発送される前の場合

書類(インボイス)に、適切な価格を入れてもらうようにお願いします。


出荷前に、書類をメールしてもらうなどすれば確認が取れますので、間違いがあれば訂正するようにお願いすることが出来ます。

相手から発送された後の場合

相手から発送連絡を受けた際に、書類(インボイス)・送り状の情報をメールでもらいます。
その際に、金額がアンダーバリューであることに気づいた際の対処方法です。

輸入通関が完了していない場合

まだ日本に到着していない、または到着しているが通関が終わっていない場合は、書類(インボイス)を差し替えることが出来ます。

相手にインボイスの金額を訂正したものを再度作成してもらい、メールで送付してもらいます。
時間がなく相手との連絡が間に合わない場合は、こちらで同じ内容で、金額を正しいものに変更したインボイスを作成しても構いません。

金額を変更したインボイスを通関業者(フォワーダー・国際宅配便会社)に提出し、差し替えをお願いします。

輸入通関が完了してしまった場合

すでに日本での輸入通関が終わってしまった場合は、税関に事後の修正申告を行います。

該当する出荷を取り扱った 通関業者(フォワーダー・国際宅配便会社) 経由で、修正申告をします。その際も金額を修正したインボイスを用意することが必要になります。

また業者ごとに申告のフォームがありますので、問い合わせて必要書類を確認します。

修正申告には業者ごとに手数料がかかりますので、あわせて確認しましょう。

また過少申告加算税もかかります。通関前に間に合うようであれば、こういった税金もかかりませんので、通関が完了していない場合は、それまでに訂正した方がよいです。

早めに対応しよう

アンダーバリューは、気づいた時点ですぐに対応した方が良いです。

後でまとめてやろうと思っていると、やるのを忘れてしまったり、タイミングを逃してしまいます。

結局、事後調査で指摘された場合には、かかってくる過少申告加算税の割合も変わってきます。

日ごろ対応しておけば、常態的にアンダーバリューを繰り返す発送先からの出荷にも、注意を払うようになりますし、事前に連絡するなどの予防策を取ることも出来ます。

アンダーバリューについて、参考になれば幸いです。

書類の山
こうなってしまう前に、対応しておきたいですね。

コメント