海外出張中も快適なネットワーク環境を。ポケットWifiをレンタルしよう。

海外ビジネスあれこれ

海外出張する際も、いつも通り社内や、取引先からの連絡はやってきます。

メールをチェックしたり、ネットで必要な情報を取得したり、日本と変わらないネットワーク環境が必要です。

いつも通り、プライベートなこともしたいですしね。

海外出張の間も、快適なネットワーク環境を維持するために、ポケットWifiを用意することをお勧めします。

ポケットWifiを用意するメリット

宿泊するホテルのWifiを利用したり、Wifiが無料で使える場所(Free WIFI Spot)で十分じゃないの?と思う方もいるかもしれません。

ただ、こんなことがあったりします・・・

  • ホテルのネットワーク環境が、あまり良くない。皆が集中して使う時間帯だと、遅くなる。
  • 無料で使える場所が意外に少ない、またはあってもなかなかつながらない
  • 取引先訪問中に、ネットワークに接続する必要が出てきた。ただし先方のセキュリティの関係でネットワークを貸してもらえない
  • 移動中などのちょっとした隙間時間に、仕事をしたり調べ物をしたい

などなど。。。

ポケットWifiを持っておくと、こういった不便が解消されます。

ポケットWifi
こういう形しているのが多いですね。

海外のポケットWifiは国ごとに違う

日本ですでにポケットWifiを使用し、外でも快適に仕事してるという方もいるかもしれません。

ただし、日本のポケットWifiは海外では使えないことが多いです。
(※ サービス会社によっては、どこでも使えるモデルもあります。)

国ごとに、ネットワークを提供している形態・会社は違うからですね。

通常は、ポケットWifiを持っていない方が多いと思いますので、用意が必要です。
短期の出張ベースであれば、レンタルで十分です。

空港でポケットWifiを借りよう

渡航先の国で使用できるポケットWifiをレンタルしましょう。

私は、グローバルWifiを毎回利用しています。

手順はいたってシンプルです。

  1. 出張が決まったら、サイトで申し込む
  2. 出発当日、空港でポケットWifiを受け取ります。
    ※事前に、宅配便での受け取りも可能
  3. 帰国後、空港の返却カウンターに返却します。
    ※宅配便で返却も可能

出張する国が複数になる場合は、国ごとに使用する端末も変わるため、2台以上のレンタルになることもあります。

また、1台で複数人使用することも可能です。ただし1日のデータ容量が決まっているため、大量にデータ使用すると、使用制限がかかりますので、注意が必要です。

借りる際の注意点

出国する前に必ず引き取る!

空港の貸し出しカウンターは、出国する階の近くにあります。
航空会社チェックイン前か、チェックイン後の出国前に引き取りに行きましょう。

出国ゲート(荷物検査&パスポートコントロール)を過ぎてしまうと、もう戻ることは出来ません。

知人は、出国ゲートを過ぎた後に、レンタルを忘れたことに気づいてしまったそうです。戻ることができなかったので、レンタル会社に連絡し、キャンセルしたとのこと。
いくらかのキャンセル料を払い、出張中はポケットWifiがなかったので非常に不便だったそうです。

通常モードではない出張は、大事なことを忘れてしまったりします。
私は、当日空港に到着するであろう時間に、リマインダーを設定し、思い出すようにしていました。

愛用しているiphoneのリマインダーアプリで、設定しておいてます。

借りた後は、「返却する」のリマインダー、帰国し空港に到着するだろう時間に上書き・設定しています。これで帰国時の返却忘れもなくなります。

事前に、リマインダーを設定しておきます

入国まで、ポケットWifiは電源Offのままで

ポケットWifiは国ごとに違いますので、レンタルした機器は国内では使用できません。

そのため、出発前の空港で起動しないようにしましょう。

現地に到着後、電源ONします。また他の国に移動する際、日本に帰国する際は電源OFFします。

ポケットWifiで快適な出張を

昨今の情勢で、出張は減少しています。オンライン会議もかなり普及しています。

ただ、やはりリアルで顔を合わせ、お互いの雰囲気・空気感を確認することが出来るオフライン・リアルでの商談は意味があり、今後はまた増えてくると思います。

ネットがないとどこでも困る世の中、ポケットWifiの活用で、快適に過ごしたいですね。

コメント