質問はストレートに、英文メールでコミュニケーションする時のコツ

ビジネス英語

海外に英語のメールをする上で、いろいろ気を付けていることがあります。

中でも、たくさん書きすぎないとか、質問項目も多くしすぎないは大事だと感じます。

たくさん書きすぎたり、質問が多いと、大体1回で納得する答えが得られないです。10個聞いても、回答は最初の方だけみたいなことがあったりします。

先日ちょっと反省する出来事がありました。

日本語が出来る外国人の方に質問があったのですが、一番聞きたい質問の前に前置きをしてしまいました。で、相手は前置きのことが質問だと感じたようで、前置きのことだけに触れた回答をもらいました。

こんな感じです。

私の質問:
「A国では●●語が話されていますよね。でもその周辺の国では全て〇〇語が話されています。A国では●●語以外の言葉を話す人はいないんでしょうか?」

私が聞きたかったのは、「A国では●●語以外の言葉を話す人はいないんでしょうか?」でした。

でも、相手は「A国では●●語が話されていますよね。」というところにフォーカスした回答をしてくれました。

私の心の中では、A国の周辺に〇〇語を話す国があるから、A国にも〇〇語を話す人がいるんじゃないのか?と思っていました。なので、話の流れとして前置きを入れました。でもちょっと周りくどい聞き方だったかなと、反省しました。

相手が日本人であれば、おそらく理解してもらえたかなと思います。相手が日本語を比較的流暢に話す方だったので、その調子で話をしてしまいました。

日本語は、少し遠回りした表現をすることがある言語だと感じます。

なので、英語で文章を書く時でも、意識しておかないと、いろいろ長々と前置きを書いたりして、聞きたいことがぼやけてしまうかもしれません。

これは、ネイティブでない私たちだから、ということもあります。英文パーフェクトではないゆえ、上手に書こうとするよりも、シンプルで分かりやすく書くことが大事だと思います。

質問や聞きたいことがあれば、ストレートに書いて構いません。単刀直入だと、日本人には時にはキツく感じることもありますが、分かりやすさを優先したいところです。

ちなみに私のコミュニケーションのすれ違いは、相手の方の友人(同じく日本語流暢な外国人)が気づいてくれて、すぐにフォローしてくれました。でも、私にとっては、ストレートな質問を思い出すよいきっかけになりました。

コメント