読書で広がる自分の世界。本屋と電子書籍を併用して、どこでも本を身近に

【日々の気づき】

先日、東京日本橋にある誠品生活日本橋に行きました。

台湾旅行したことある人にはお馴染みの、オシャレな本屋さんです。
本だけではなく、雑貨もあります。

誠品生活日本橋
誠品生活日本橋。くらしと読書のカルチャー・ワンダーランド 誠品生活日本橋は、誠品が初めて中華文化圏を出て、日本で展開した拠点です。店全体は台湾の著名な建築家でアメリカ建築家協会の名誉フェロー会員である姚仁喜氏が企画設計しました。日本橋の歴史や文化と江戸の精神からインスピレーションを得、「交差する古今 交錯する虚実」のコ...

台湾に旅行・出張する際に度々訪問し、写真多めの中国語の本を買ったり、お土産探しに利用していました。

日本なので、置いてある本はほぼ日本語の本ですが、雰囲気を思い出しながら、また台湾行きたいなと思いを巡らしていました。

書店
とてもいい雰囲気でした。台湾行きたいな。

もともと本屋を巡るのが好きなのですが、リアルな本屋に行く一番の良さは、思わぬ出会いだと思います。ぶらぶら本屋を歩きながら、普段興味がないようなコーナーで、気になる本に出会ったり。

ただし欲しい本がすでに決まっている場合は、本屋には行かず電子書籍を利用することが多いです。

本屋は新しい気づきを与えてくれる場所だとすれば、電子書籍はより実用的な感じでした。

ただ、AmazonのKindle Unlimitedに加入してからは、電子書籍の割合が増えたのと、より自由な形で電子書籍を利用するようになりました。

Kindle Unlimitedは、月980円で10万冊以上の本が読み放題になるサービスです。


端末には最大10冊までダウンロード出来るので、読み終わったら利用を終了し、また他の本がダウンロードできます。月に2冊読めば、元は取れると思います。

試しに読んでみて、今いちだったら利用終了すればいいので、ちょっと気になったレベルでも気軽に読めます。そのため、読むジャンルの幅が広がったように思います。

現状だと、こんな感じで使い分けしています。

こんな時に紙の本にします。

  • 電子書籍では販売していない
  • 自分以外の家族も読む可能性が高い
    • 子どもにのちのち読んでほしい
    • 家族で好きな作家が共通している
  • ページを行き来するような、マニュアル的な本

一方、電子書籍にするのはこんな時です。

  • 何回も読み直したいような内容(ビジネス本など)
  • 出張・旅行先で読みたい、持ち歩きたい本
  • 紙の本との価格差が大きい場合・・電子書籍は基本、紙の本より安いです。

特に、海外出張時には電子書籍は重宝しました。何冊でも持ち歩けるので、荷物がとにかく減らせます。

海外だと、日本の本は手に入りにくいです。


昔、海外に住んでいた時は、電子書籍もなかったので、現地の紀伊国屋書店で割高になっている本を購入していました。今だったら、電子書籍利用するでしょうね。

電子書籍なら、現地でもパッと思い立ったその場で購入できます。

本は、手軽に新しい世界を知ることが出来るツールです。

リアルの本・電子書籍それぞれのよさを活用して、読書を楽しんでみてはいかがでしょうか?

読書

コメント